ホームページはどんなデザインが人気?

リッチ派?フラット派?ホームページデザインのトレンド

「目立ってナンボ」であったwebインターフェイスのデザインが、近年においては装飾を控えたシンプルなデザインである「フラットデザイン」が主流になりつつあります。フラットデザインとは、デザインにおける余分な要素を排除して、極力シンプル・単純化することに特化したデザインであり、ダイナミックかつシンプルなレイアウト・色使いが特徴です。 従来の立体的で写実的な表現でコンテンツを豪華(リッチ)に見せるデザイン手法に対して、平面的・抽象的(フラット)にコンテンツを表現し、より直観的に内容を訴求していくという概念で、近年のスマートフォンの普及にも伴い「新しい時代のインターフェイスデザイン」として一気に広がりを見せてきました。

あらゆるデバイスに対応!フラットデザインの優位性

画像リソースを多く使用する派手なリッチデザインに対して、過度な装飾を抑え、極力シンプルな表現を心がけるフラットデザインには「コンテンツの表示スピードを上げる」「サーバーにかかる負荷を軽くする」などの機能的に優位な側面もあります。またそのシンプルなデザインの特性により、サイズの違う端末にそれぞれ表示させる際にも比較的容易に各インターフェイスを組み上げることが可能といったような、作り手側から見ても「作りやすい」というメリットもあります。 このようにフラットデザインはマルチデバイスと共に普及してきました。もちろんサイトの目的や商材によっては、必ずしもフラットデザインがマッチしない場合も勿論ありますが、まさに新しい時代のインターフェースデザインと言えるのではないでしょうか。

ホームページ制作の見積もりを成功させるために、顧客サービスの良いコンピュータ関連の企業と電話やメールで相談をしたり、具体的な費用の相場をチェックすることが必要です。